リフォームをする目的

リフォームを行う目的は、主に二つです。一つは、住宅の不便な箇所を改善するために、必要に迫られて行います。そしてもう一つは、現在よりもワンランク上の生活を手に入れるために行います。施工には多くの資金と時間が必要となるので、目的をしっかりと持って依頼しましょう。

上質な暮らしを求めるなら業者に頼んでリフォームをしよう!

工具

浴室リフォームで快適な浴室づくり

浴室は家族の全員が毎日利用する場所なので、使い勝手が悪いと不便さを感じることになります。人気の浴室暖房を設置したり、疲れを癒すジェットバスを設置したりして、今よりもずっと快適な空間に作り変えましょう。浴室リフォームを行うことで、快適さが手に入るだけでなく、場合によっては水道代やガス代の節約にも繋がります。

お風呂

インターネットで業者探しが可能

インターネット上には、リフォームを専門とする業者の情報が多く掲載されています。業者の得意とする施工や、リフォームに必要な費用といった具体的な情報が手に入るので、業者を探したいのならインターネットを活用しましょう。サイトによっては業者をランキング形式で紹介しているので、多くの業者が合ってどこに依頼すれば良いのか迷ってしまった時には、ランキングを参考にしてください。

リフォームとリノベーションの違い

マイナスからゼロに作り変える・リフォーム

リフォームとは、悪い状態のものを良い状態に作り変えることを指します。老朽化したシステムを新しいものに取り替えたり、賃貸住宅の入居者が、退去時に原状回復のために行ったりすることもあります。

ゼロからプラスに作り変える・リノベーション

現在の住宅に不満がなくとも、更に快適な住宅に作り変えるために行うのがリノベーションです。また、リフォームと違って間取りそのものを変えるような大規模な施工が行われることも、大きな特徴だといえます。

自分に合った業者を見つけよう

リフォームを受注している業者はたくさんありますが、それぞれ得意とする施工やデザインのセンスは異なります。どんなに評判の良い業者でも相性が悪ければ希望通りの施工は期待できないので、依頼先は自分との相性を確認してから決めましょう。

リフォーム業者で着目する点

工具

協会などの団体に加盟しているか

信頼できる業者を選びたいのなら、「住宅推進協議会」や「日本住宅産業リフォーム協会」などの団体に加盟しているか調べましょう。優良な業者はたくさん存在しますが、手抜き工事をするような業者が紛れていることもあります。リフォームの団体に加盟している業者であれば悪質な工事はしないので、安心して依頼できるでしょう。

希望に合った施工の実績があるか

リフォームの業者によって施工方法は異なるので、自分の希望に合った施工を行ってもらえるか確認してから依頼してください。業者の公式ホームページには過去の施工事例が掲載されていることが多いので、参考にするといいでしょう。依頼前に希望に合った施工ができるか、口頭で確認しておくことも大切です。

アフターサービスの有無

実際にリフォームが始まると、間違って周囲の建物を傷つけたり、施工後に欠陥が見つかったりすることもあります。万が一に備えて、トラブルが起こった場合にはどのような補償や保険、アフターサービスを行ってくれるのかを確認しておくと安心です。

東京にある住宅リフォーム業者!

広告募集中